実行委員会について

  • HOME
  • 実行委員会について

ごあいさつ

Jazz pianistの納谷嘉彦です。

2020年9月、私が出演していた銀座のライブハウスに、飯田和子氏が聴きに来られました。演奏の合間に話をしていくとお互いのふるさとが能代ということが分かり、‶ JAZZ ″でふるさと能代をもっと元気にしたいねというところから、能代でジャズフェスティバルを是非開催したいという熱い話になりました。

日本の‶ JAZZ ″シーンで大活躍している能代にゆかりのあるジャズ・ミュージシャンはたくさんいるのですが、そのことは地元ではほとんど知られていません。
その素晴らしい演奏を、是非能代のジャズフェスティバルで聴いていただきたい。能代の皆様には音楽の力でもっと、もっと元気になっていただきたい。そのお手伝いを能代ジャズフェスティバルでさせていただければ。こうした思いに賛同いただいた地元の方々と能代ジャズフェスティバル実行委員会を組織し、 2021年9月18日の開催に向けて準備を進めてまいりました。

その一つとして、ホームページを開設し、ジャズフェスティバルに出演するミュージシャンの情報などを掲載いたしました。また、ジャズフェスティバルにおいでになる皆様に能代のことを知っていただくため、能代の美しい自然、多彩な食、祭り、世界に誇れる工芸品などを紹介する『ありのままの能代』のコーナーも設けました。また‶ JAZZ ″をただ聴くだけではなく、客席とステージをつなぐ一体感を楽しんでいただくためにお客様参加型のアクティビティもいくつか用意いたしました。

このように開催に向けて準備を進めてまいりましたが、一向に収束の兆しの見えない新型コロナウィルス感染状況に鑑み、議論を重ねた結果、2022年以降へ延期することといたしました。延期によりご支持、ご支援いただきました各方面の方々へ多大なるご迷惑をおかけいたしましたことについて心よりお詫び申し上げます。

開催できます時には、ご来場の皆様が安心して‶ JAZZ ″を楽しめる状況になっていることを心より祈念いたします。そしてこのジャズフェスティバルが2回、3回と回を重ねて行き、能代ゆかりのジャズ・ミュージシャンや地元の若手演奏家の檜舞台となり、新たな才能が生まれる場になれたらと強く願っています。能代の皆様のお力でこの夢を前に進めることができるなら、これに勝る喜びはありません。

皆様には延期に至りました経緯を何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご支持、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
尚、能代ジャズフェスティバルのホームページは引き続きご覧いただけますので、宜しくお願いいたします。

2021年8月10日
能代ジャズフェスティバル実行委員長
納谷嘉彦

能代ジャズフェスティバル実行委員会

■実行委員長
納谷 嘉彦

■副実行委員長
飯田 和子

■副実行委員長
能登 祐子

■事務局長
奈良 聡子

■実行委員
安達 栄
越前谷 清美
小野 立
小野寺 伸 
川添 能夫
工藤 達紀
鈴木 徹
畠山 雄晃
花下 哲
藤田 喜彦                  
宮腰 徹
     

Scroll Up